アフィリエイトのインプレッション!利用するポイントと他に重視すること!

スマホ7

アフィリエイトでは色々な測定方法を利用して、売上につなげることが重要です。その中でインプレッションは最初にチェックするものです。インプレッションがなければ、見た人がいないということになります。しかし、インプレッションが多くても売上につながらないことがあります。

ここではそんなインプレッションのポイントや、他に重要なポイントについて説明していきます。

インプレッションはアフィリエイトの入り口

インプレッションはその広告を見たことを表す数値です。そのため、アフィリエイトを始めたときには、非常に重要な数値になります。これによって、誰かに見られていることが分かるからです。インプレッションがなければ、誰にも見られていないということなので、SEO対策を変える必要があるかもしれません。

また、アフィリエイトの前提として、誰かに見てもらうことが重要ですが、その総数も大切になります。そう考えると、インプレッションは重要な数値のように見えます。しかし、アフィリエイトではたくさんのインプレッションがあっても、意味がないのです。

インプレッションの先が重要になってきます。広告が表示されるだけでは、アフィリエイトの売上につながることがないからです。

インプレッションとPVの違い

インプレッションと近い意味で使われる、計測方法としてPVがあります。同じようにとらえられがちが二つですが、意味が全く違います。基本的にPVはページを見た数です。一方でインプレッションは広告を表示した数なのです。

このように計測方法が違うので、1回のPVで3回のインプレッションということもあるでしょう。同じページに広告が複数載っていることを考えると、インプレッションの数の方が、多くなる可能性は高いです。どちらもページを見ている数という意味では同じですが、アフィリエイトをするときには広告が表示されることに意味があります。

広告を見てもらえなければ、その先にある売上へとつながらないからです。PVが多いのであれば、インプレッションを増やす工夫をすることが大切になります。

インプレッションがあるならコンテンツを変える

インプレッションがあっても、売上につながらないことがあります。これは広告を見ている人が、広告に興味を持っていないことを意味しています。それではいつまで経っても、アフィリエイトで稼ぐことはできません。インプレッションが多くあって売上につながらないなら、コンテンツを変える必要があるでしょう。

インプレッションがあれば、コンテンツによっては高い売上につながる可能性があります。そのページを見ている人とコンテンツの内容が合っていないと、そのようなミスマッチが起こります。ミスマッチを是正すると、自然な流れでアフィリエイト先に行く人が増えるでしょう。

アフィリエイト先に行く流れができれば、売上につながる可能性が広がります。

インプレッションよりもクリックしてもらえることを重視する

パソコン12

インプレッションは広告を見てもらえば、その数が増えていきます。しかし、アフィリエイトをするときには、それだけに満足してはいけないのです。インプレッション数を増やしたら、次はクリック数を重視します。クリックをしてもらうためには様々な工夫が必要です。

例えば、広告の位置を少し下げるだけでクリック数が増えることがあるのです。これはコンテンツを読み込んだ先に、広告があるとクリックしやすいという消費者心理をついた工夫になります。その逆として、始めに広告があるとクリックされにくいということもあります。

ページを確認しないで、クリックするという人が少ないためです。このようにクリックしてもらえるように、工夫することが大切なのです。

インプレッションに対するクリック数を見る

クリックをされたことを数値として計測することができます。そのクリック数とインプレッション数を、比べてみると分かることがあります。ページによってインプレッションが多くても、クリック数が少ないページがあるのです。

これはページを見た人が、クリックするまで気持ちがいかなかったことを意味します。一方で、インプレッションが少なくても、クリック数が多いページもあります。そのページは見た人の心をとらえるのが上手いページだったということです。

このように、インプレッションとクリック数を比較すると、ページに足りないものが見えてくるのです。クリック数が少ないのであれば、ページの戦略を練り直す必要があるでしょう。インプレッションが足りないのであれば、SEO対策を練り直すともっと稼げるかもしれません。

クリック数と売上の関係

クリックした先はアフィリエイトをしている人には関係のないことです。アフィリエイトをする人は人を流すことまでが仕事です。それ以上はどうすることもできません。ただし、クリック数と売上が比例しないようであれば、属性の合わない人を流している可能性はあります。

広告主のサイトまで行った人が、その商品がほしくて行ったとは限りません。ページの内容が上手く見た人の心に刺さって、広告主のサイトまで誘導したということもあるのです。広告主のサイトまでいって、欲しい商品じゃなかったということはあり得ます。

属性が違う人を広告主のサイトに流していては、アフィリエイトで稼ぐことはできないでしょう。

アフィリエイトで結果を出すために大切な事とは

売上が上がらないのであれば別の広告を探すことも大切

クリックした先のことは何もできないとはいえ、あまりにも売上が上がらないと問題です。たくさんのクリック数を計測しているのに、売上が全く上がらないのであれば、広告主のサイトに問題があるのかもしれません。売れない商品を売っていても、アフィリエイトで稼ぐことはできないです。

そんなものを売るくらいなら、別のものを売った方がいいでしょう。クリック数が多いのであれば、広告とコンテンツを少し変えるだけで稼ぐことができる可能性があります。広告にこだわると、大きな売り上げを逃すことが考えられます。

そうならないように、売れる広告を常に載せ続けることが重要なのです。

最終的にアフィリエイトでは売上が重要

アフィリエイトでは色々な数値を参考にすることがあります。しかし、その中でも売上がもっとも重要な数値になります。売上を上げるために他の数値を測っていると言っても過言ではありません。他の数値がすべて良くても、売上が上がらなければアフィリエイトをしている意味がないのです。

そう考えると、売上を上げることを最終目標にすることが大事です。それを忘れなければ、アフィリエイトで成功することができるでしょう。